マック社員のつぶやき
マック・アド・カンパニーの社員によるつぶやきです。印刷に関係のあることやら、ないことやらつぶやいております。よろしくね☆


[19] ソーシャルゲーム 投稿日:2013/05/01 17:26:26
みなさんソーシャルゲームってご存知ですか?
SNSを通じて、ブラウザ等で楽しむゲームです。
パソコン版もありますが、やはり有名なのはモバゲーやグリーといったサービスでしょう。

正直、昔からのゲームファンとしては、ゲームの質的に微妙な感じなのですが、こういったゲームは大流行しています。

メインターゲットは、中高生や主婦で、アクションゲームではなく、片手間にプレイできるものが人気のようです。

まず普通にユーザー登録して遊ぶぶんには無料なのですが、ゲームの進行に有用なアイテムなどは、課金して購入する形式です。
これがとても狙ってるんですよ。 期間限定だったり、もらえるアイテムがランダムだったり…
気付くと大金をつぎこんでいたなんて事も、けっこうあります。
とくにカードバトルタイプのゲームは、基本のゲームシステムを流用することで、ローコストで多種のゲームを作れてしまいます。

一部のファンしか持たない据え置きゲームと違い、スマホやPCは普及率がすごいです。
これらを相手に、今までゲームをしなかったターゲットをとりこめるとなれば、儲かるはずですよ。

しかし、重ねて言いますが、正直、昔からのゲームファンとしては微妙なところです。
できれば腰をおちつけて、じっくり楽しめるゲームも流行してほしいと思うのですが…
[18] グランフロント大阪 投稿日:2013/04/26 17:25:56
本日、大阪駅の北側にある巨大商業施設「グランフロント大阪」がオープンしました。

ずっと通勤途中に、まだスカイビルが見渡せるぐらいから建設過程を見ていたので、まるで我が子の入学式のような気持ちです(なーんにも関係ないんですけどね へへへ)

しかし大阪付近の高層化はすごいですねー。
本当に、ここはどこだって感じです。もうちょっと大阪らしさがあってもいいかなあなんて思ったり思わなかったり…
そもそも大阪らしさってなんでしょうね? ボケツッコミでしょうか? 巨大なカニでしょうか?

グランフロント大阪、オープンに3万人集まったとのこと… たぶんしばらくは、人を見にいくようなものでしょう。
今こそ、2歳を迎えた大阪ステーションビルのほうを満喫ってのも有りかもしれません。(いや、たぶん相乗効果で、こちらも人増えるんじゃないでしょうかね?)

ゴールデンウィーク過ぎて、少し空いてから行こうと思います。
またレポートしますね。
[17] 意味はあるようでないようで… 投稿日:2013/04/24 12:00:22
前回のラブライブ!!… あ、いえなんでもないです。

本日の更新より、弊社ホームページ内のプログラムを使用して、社員のつぶやきを更新してまいります。

そう、ホームページに社員のコラムをのせる事になった際は、手打ちのHTMLで更新していました。
残念ながら(一部指定のもの以外)CGIが使えないプランなのでその手段をとっていました。
この方法の場合、RSSで配信できないとかSEO的になんたらとか考えて、外部のブログを使用する事になったのですが、やはりメインのページとブログが別アドレスだという事と、本当にSEO的なメリットがあるのか考えたときに、少し疑問を感じたのです。

弊社のアドレスの中で、コラム的なコーナーをおく場合、どういった方法がベストか考えました。
やはりCGIが使えないのは辛いところですが… あ、でも簡易BBSとかあらかじめ数点の掲示板やメールフォームは使用できるじゃないかと…。
そこで簡易BBSの投稿フォームを非表示にして当コラムページとして利用することにしました。
社内でページを更新するのが徳か、外部にブログを持つほうが楽か、まだなんともいえませんが、しばらくこの形式でいきたいと思います。
今後とも宜しくお願い致します。
[16] みえないけれど 投稿日:2013/04/24 11:15:29
(この記事は旧マック・アド・カンパニーブログに2012-07-25 に掲載された記事です)
電子書籍の時に書きましたけども、僕ら「おっさん世代」は、商品を購入した時に手でさわって確認できるものじゃないと、あまり買った実感がわかないものです。
例えば、CDやDVDといったものは、データ自体が目に見えるわけではないですが、媒体を手にとったりパッケージを見たりして「あぁ買ったなぁ」と実感するのが僕らの世代です。
しかし、最近ではデータ配信といった形の見えないものを購入する機会が増えてきています。
それらは手にとって眺めれるものでもありませんし、どうも「買った」という実感が少ないのです。
それらのデータは、再生する機器があってはじめて可視化されるものですし、なんか霞みを買ったようなへんな気分になってしまいます。
最近の人は抵抗ないのでしょうね。

しかし、こういった形式の商品購入、意外と続けてみると便利なんですよね。
現物がないというのは、いろんな利点もあるのです。
すこし進化しましたかね?
[15] 電子書籍について思う事 投稿日:2013/04/24 11:07:36
(この記事は旧マック・アド・カンパニーブログに2012-07-21に掲載された記事です)
だいぶ前にテレビで大手ネット通販アマゾンの特集をやっていました。
その中で、ちらりと日本でも電子書籍端末キンドルをだすよーといった話があったのです。

日本で電子書籍が流行らないのは、現紙媒体の出版社との摩擦があるとか、いろいろ言われてますが、確実に電子書籍を扱うサイトは増えてきています。
電子書籍のメリットとしては、やはり場所をとらないって事があるでしょう。
ただ、紙の書籍に慣れてる世代には、抵抗があるかもしれません。

それに形のない物を購入することへの違和感もあると思うのです。
昔は、「でかい車を買う」とか「立派な図鑑をどーんとかって並べると見栄えがいい」とかいった物質的な価値観がありましたけど、電子書籍はデータなのでどうも買った気がしないという考えもあるのではないでしょうか。

今の世代は形がないデータ商品を買う事に抵抗がなくなってきていると思うのです。
だから、そろそろ電子書籍が日本でも流行り出す土壌ができてきたのではないかと…。

ただ、紙の本にしかない利点もあるのです。
それは電気を必要としない事であったり、紙の匂いや質感であったり、また装丁の楽しみもありますよね。
最近はCD等の音楽メディアが売れないといいますが、その販促策が逆に紙媒体の初回特典であったりするところも面白いですよね。

伊藤計劃さんの「ハーモニー」という小説の中で、電子書籍を逆に紙媒体の本に製本してくれるサービスが出てきますが、いつかそういった時代がくるのでしょうか?

楽天の社長は、紙媒体との共存を目指すということです。
アイデア一つでそれは可能だと思います。
できれば紙媒体の本にも頑張ってもらいたいなぁなんて思う今日この頃です。
追伸 伊藤計劃さんの件、過去にも同じ事書いてますねー。
もう歳とると物忘れが激しくてダメだわ。
[14] 日課4 投稿日:2013/04/24 11:05:49
(この記事は旧マック・アド・カンパニーブログに2012-05-15に掲載された記事です)
少し更新をさぼってしまってました。久しぶりに書きます。
更新は滞ってましたが、相変わらず日課は続けてました。開脚で床に座って前に身体を倒すと両肩がつくところまで行きました。もうすぐ胸がつきそうです。腕立てや腹筋の回数も少し増えた。
ふと、なんでこんなんしてんねんやろ?とか思って少し考えたんですが、ただ単に身体動かしたいからとか、筋トレやストレッチが好きだからとか、も、あります。そこからちょっと突っ込んで考えてみて、生きてりゃあ年をとるのが当たり前ですがじつはそれを恐怖に感じていて、必死で今の自分の姿をキープしているのかなと思ったりもしました。(アンチエイジングか?)
方丈記に、『行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。』
という一文がありますが、それを読むとまさに同じ状態をキープするのは無理!!と思わせられます。
そういうこと考えると少々虚しくもなりますが、実際、日課を復活しだした頃と今では身体の状態が変わったのでそんなことも楽しんで行くつもりです。

たまには違うネタも書きます。そのうち。
[13] 日課3 投稿日:2013/04/24 11:03:23
(この記事は旧マック・アド・カンパニーブログに2012-04-20 に掲載された記事です)
このタイトルも3回目で少々くどいですが、書きます。
毎日のストレッチの前に筋トレもしてます。
短いスパンで多少メニュー変えてますが、腹筋背筋腕立てをざっくりとやってます。

腕立ては、肩幅の1.5倍くらい手を広げて指先中向きで15回ワンセット×4
手を肩幅に開いて指先まっすぐ上、両手で上体はね上げて一回手をたたく。を10回×3

腹筋は、両足立てて床に寝て、背中まっすぐ。シールをめくるよーに頭からゆーっくり息吐きながら起き上がる。
上体戻す時、同じ軌跡で戻す。

背筋はうつ伏せ寝て、腹筋の逆。

他のバージョンもありますが。こんな感じです。

昔から身体動かすのが好きでこんなことばっかり書いてますが、個人的に、動いてナンボが好きなので。
結果、どうしても文章にも身体の事がキーワードとして出ます。
しかしまた違ったこともちょろっと書いて行きます。
[12] 日課2 投稿日:2013/04/24 11:00:17
(この記事は旧マック・アド・カンパニーブログに2012-04-14 に掲載された記事です)
こんにちは。
前回の続きです。
それまでずっとサボっていたストレッチを半年以上前から復活して日課にしてますが最近ふと気づくと明らかに身体の変化がありました。
一番よかったのは、数年前に左膝を痛めてからなぜか左足太腿内側の筋が付け根から膝にかけて張って張って気持ちわるく、開脚で座って前に身体倒すようなことが痛くて出来なかったんですが、ストレッチを通じてささやかにじっくり毎日負荷をかけ続けてたらいい感じで伸びていったようで今では開脚で前に倒すと顎までつけるように。
(ストレッチによる効果は個人差があります。ストレッチによる効果は個人差があります。)
お世話になっている整骨院の先生に相談しようかな〜とも思いましたがとりあえず出来ることをやってみようと。
自分的にはまだまだですが、とりあえず180度開脚で両足後ろに抜けるところまで持っていくつもりです。
[11] 日課  投稿日:2013/04/24 10:59:10
(この記事は旧マック・アド・カンパニーブログに2012-04-12に掲載された記事です)

こんにちは。営業担当です。

毎晩寝る前の日課で、我流のストレッチしているのですがそれを書こうと思います。

①右足を上にして胡坐で座り背筋はまっすぐ、ゆっくり息をすって、吐くと同時に前に上体を倒
す。両手は指先軽く伸ばし床に触れながらスーッと前の方に送ってやり、背中を伸ばしてやる。力いれないで脱力。

②ロールアップでゆっくり顔が上を向くまで起き上がっていき、上体の前面を伸ばす。そのとき背中反り過ぎないよう注意。そのままの姿勢で頭の重さを利用して右、左と頭を回す。

③座ったまま右足だけ片膝立てて、左足のさらに左側に持っていって、右側に上体捻り、ツイスト。目線は遠くにスーッと水平に右側に向けていく。力いれないで。出来れば左腕は立てている右ひざの右内側に。

④足をそのままで背中まっすぐのまま軸をキープして逆。(左側にツイスト)。

⑤上体を戻し、立てている右足をもどしてまっすぐ前に伸ばす。(四の字固めに似た形) おへそも右足と同じ方向。

⑥そのまま息を吐きながら前に上体倒す。右足先は立てる(フレックス)。上体倒したり、戻したりを何度か繰り返す。

⑦右足を伸ばしたまま右側90度に開き、右に両手も一緒に上体を倒す。バリエーションで、片手だけとか、上体が右足と平行になるようにおへそを足のほうに向けて倒すとかも。(左足はずっと曲げたまま。)

⑧さらに右足を90度右に開き身体の後ろに持っていく。(曲がっている左足の上にのっかかるようにうつ伏せで寝た感じ)

⑨上体寝かせたまま左足を立てる(左膝から下が真っ直ぐ立っている状態)。そして軽〜くバウンド。

⑩上体上げて、右手で右足先をお尻のほうに持ってきて右太ももの前側を伸ばす。右膝は床についたまま。

⑪左足の位置は変えずに足を離してそのまま後ろに座り込む。(正座で左足だけ前に伸ばした感じ。)

⑫そのまま後ろに上体倒して、再度右足太ももの前側伸ばす。ゆっくり呼吸して若干キープしたら上体戻す。右足も戻す。

まだ続きありますが、とりあえずこのへんで。ここまで言語化したことがないのでかなり言葉足らずかもしれませんが、それもわかってて書きました。動きながらだったら、これをこうして次はこう、ですむと思いますが、言葉だけで説明するとそうもいかなくて自分の場合なかなか回りくどくなってしまいます。どんなことでも相手にわかりやすく説明できた時には、言葉が身体性を持って立ち上がってくるような気がして、こういう作業はたまには生きてて必要かなと思いました。
ちなみに質問・興味などある方は、kazushiアットマークを添えてmac-ad.co.jpまでご連絡ください。
[10] はじめまして 投稿日:2013/04/24 10:52:14
(この記事は旧マック・アド・カンパニーブログに2012-04-04 に掲載された記事です)
このブログを御覧の皆様こんにちは。はじめまして。当社の営業担当です。
かなり以前からブログ書こうと思っていてやっと書きました。

自分の事なんですが、以前から個人的な趣味でダンスをやってまして、舞台で踊ったりすることもあるんですが、先日、ある劇場(ベリーダンスの舞台)に仕込みバラシの裏方てつだいに行きました。仕込自体は特に大がかりなセットもなく、リノリウム敷いて、袖見きれんようにして、とサクサク順調に終わりました。本番は上手袖からしか見てないけど大した事故無く終わり、バラシに。劇場スタッフさんの手伝いもあったので思ってたよりも早く終わりました。朝一から入って、拘束時間は長かったけれどもずーっと動いてるわけではなく、むちゃくちゃ疲れなかったしそれなりに楽しんだ現場でした。
昔、某ドサまわり劇団でも裏方のバイトしてたんですが、最初は言われるがままよくわからんままもたもたしてたけど、仕込む時役者もスタッフも総出で走るから走らないわけにはいかず、気づけば結構走りまくってて箱馬だーーって並べたり、平台置いたり、地がすり敷いたりあれしてこれしての繰り返しだったものでした。作業の段取りがだいたい同じなんでだんだんルーチンになってきてふと気づけば終わってたこともしばしば。卒業シーズンに中学、高校を回ることが多く、体育館等で生徒達が卒業ソングの練習してたけど、どこ行ってもハンを押したように長渕剛の『乾杯』を合唱してたのもルーチンの延長だったと思いました。
ところで、今ではほぼ誰もが携帯電話・スマートフォン持ってたり、パソコンもかなり普及してますが、裏方バイトしてた当時はパソコンはありましたが携帯・スマートフォンなぞ無くて、あきらかに情報の流れが現在とは違った時代でした。良し悪しは別として。
先日の舞台の仕込みとバラシで動いている時ただ単純に作業してただけでしたが、ふと、バイトで動いてた時と同じやなーと思って、それは自分の脳からだろうけど感覚的に脳を含めた身体全体で思い出した感があり、なんとわなしにこの身体感覚は大切な気がしました。
漠然とした思いですが、時代は変われど流されずそれを捉え、純粋に動いていく大事さをあらためて感じました。

こんな感じで好き勝手書いていこうと思います。今後もどうぞよろしくお願いします。